車値引きの真実?【あなたの常識は覆る】

車を売却しよう!

車を売却しよう!
そう考えたら、あなたはどのような行動を起こしますか?

 

近くの店舗に車を持ち込みいざ査定!!!

 

いいえ。そんなんではダメです。
どうせ売るなら高く売却しちゃいましょう!

 

そのためにどうすればイイか。
まずはそこから考えていきましょう。

 

一括査定のすすめ〜

車を高く売りたいなあ。
そう考えたら、「高く買い取ってくれる買取屋を探す」
基本的なことですね。

 

でもどうやって探したらいいか分からない。。。

 

そんな方が多いでしょう。

 

近くの店舗を片っ端から周り査定をしてもらえ!
言うのは簡単ですが、とても実行できませんよね。なにより非効率です。

 

そんな時は一括査定を利用すればいいのです!
車の一括査定を利用し、複数の業者に一気に見積もりを取ってもらう。
これだけでどこの買取業者が高く買い取ってくれるかが、一目でわかりますよね。

 

あとはその買取業者に売却するだけの簡単なお仕事となります。

 

こんなに簡単なのに実行しない方が多いです。
近くの店舗に持ち込んで、そのまま売却。
それでは損をしてしまいますし、なによりそっちの方が面倒でしょう。

 

今まで利用したことのないサービスには少し抵抗がある。
と言う方が多いんでしょうね。
でもお金がかかるわけでもないですし、時間がかかるわけでもないですし、
やらない理由がないんですよね。

 

車売却を検討中の方、一括査定を利用しちゃいましょう!

自動車の査定についてどうすれば高い査定額が付いてくれるのか悩んでおられる方も多いでしょう。
ただ、何も知識が無かったとしても、傷が付いているならば、それは、査定でマイナスに大きく傾くだろうと言うのは、誰しもが思う事かもしれません。
しかし傷ならば何でもかんでもマイナスになるという訳では無いのです。

 

どういう事かと言うと、例えば、外装の傷などでは、ほとんど目立たないような傷が付いている場合がありますよね。
それこそ、ミリ単位の傷などです。他にも傷が付いていたとしても、爪で引っ掻いても、引っかからないぐらいの傷がありますよね。

 

そういった傷の場合ですと、減点対象にはならないのです。ただ、それは、査定をしてくれる業者さんの方針にもよりますので注意しなければならないでしょう。
ジムニー 買取

 

他にも傷などを自分で修繕するような方もおられます。
しょっちゅうして、それこそプロ並みの技術を持っているという方ならば問題は無いかもしれません。

 

しかし、素人が修繕している場合ですと、逆に修繕しなかった方が良かったのにという事も起こります。

 

例えば、傷を直そうとしたら、違う傷が出来てしまったというケースです。
下手に小さな傷を消そうと思ったら、塗装が剥げてしまったという事もありますので気を付けなければなりません。

 

車を購入する際に、ほとんどの方が値引き交渉しますよね。
そしてこの値引き交渉は、車の車種によって、大きく幅が異なっています。
つまり、人気車種であれば値引き交渉はなかなか難しいですし、人気がない車種であれば、ぐっと下げてもらえる可能性があります。

 

車の値引き交渉が上手くいかない時には、ある程度のところで戦略を変えることも大切です。
値段を下げてくれないのなら、車の下取り価格を上げてくれと交渉するのです。
車の下取りに関してもある程度の決まりがありますが、ここの部分の方が車の値引き交渉よりも楽なケースもあります。
戦略の1つとして持っておくと良いですね。

 

こういった交渉では、お互いに気持ちよくが大原則です。
どちらかが無理をすると、結果的に最高の形になりません。

 

値引き交渉をしすぎると、販売業者がへそを曲げてサービス低下に繋がる可能性がありますし、値引きを全くしないとお客様が逃げてしまう、とも販売業者は考えています。
このバランスを上手く考えて、win-winの関係で取引ができることがベストです。

 

車の場合はいろいろと手段がありますので、ケースによって様々な提案をしていくことで、より満足いく車の買い替えができることに繋がります。
納得のいく査定額を求めるならこちらのサイトも参考に。
大阪 車買取
埼玉 車買取

みなさんバックオーダーってご存知でしょうか?
商品がある前から注文が入っている状態のことをいいます。
つまり、すでに注文が入っているわけですので、その注文の車を見つけさえすれば、
ほぼ確実に車を売却できるというわけなんです。

 

で、このバックオーダー、
あなたの売ろうとしている車にどんぴしゃで当たれば、かなり高額な査定額だってつく
ことがあります。
なぜかといいますと、通常車を買取るときは、
売れるかも分からないわけなんですから、リスクを抱えているんです。
しかし、このバックオーダーが入っている状況ですと話は別です。
購入者が事前にいますので、車が売れない。
というリスクがほぼない状態なんです。

 

また、信頼を作るために車屋もしっかり注文に答えたいわけです。
ですから、利益があまりでなくてもいいから、それなりの買取額をつけて、
利益をさくっと出してしまいしょ。
という考えで高額査定をつけてくれる可能性が高いんですね〜。

 

ですので、車を売却する際は、このようにバックオーダーを抱えている業者を探す
必要があるわけなんです。

 

どうやって探すか

 

といっても、そんなのわかるわけもないですし、
ましてや、自分の車種のバックオーダーを抱えている業者を探すなんて、
さらに難易度が高いです。

 

ですから数打つしかないんですね。
数打てば当たる。とよくいいますよね。

 

車屋さんって結構バックオーダーを抱えているケースが多いですので、
諦めるのは早いです。
色々な車屋や買取業者を回って、査定してもらいましょう。

 

どこか飛びぬけた額をつけてくれる業者に出会ったら、
それがバックオーダーを抱えていた業者。ということです。

今回は、一度期待を裏切ってしまったら、車業界では生き残れない?
このことについて考察してみたいと思います。

 

まずは、最近のエコカーについて。
トヨタのプリウスが爆発的なヒット商品となりましたが、
それに続いてホンダでもインサイトというハイブリッドカーが登場したのは、
まだ記憶にも新しいですね。

 

しかし、このインサイト。
あまり評判がよくなく、売り上げも伸びませんでした。
ホンダにハイブリッドの期待をしていた方は非常にショックだったと思います。

 

そしてトヨタは次々ハイブリッドを打ち出しても売れるのですが、
ホンダはそうもいきません。

 

やはり信頼が重要

 

やはりこのことから、一度インサイトで期待を裏切っているので、
ハイブリッドに関してはホンダに期待をしていないユーザーが多いのでしょうね。
次々と客がトヨタに流れています。

 

ハイブリッドに関してはトヨタがほぼ市場を制圧しているといっても、
過言ではないでしょう。

 

車の業界でもユーザーは神様。
ということが証明されたのではないでしょうか。

 

メーカーがいくら頑張ろうと、ユーザーの期待を裏切れば、
再度輝くのは無理かもしれません。
しかし、チャンスはまだまだあるはずです。

 

価格ばかりに走っていないで、ホンダにももう少し頑張ってもらいたいですね。